激安パソコンとは
激安パソコン、その理由について
TOP
ノートパソコンの選び方
パソコンの基本 パソコンの選び方 パソコン用語辞典 パソコンコラム サイト概要 サイトマップ
更新日:2008/2/17

パソコンコラム

BACKNEXT

パソコンの寿命
パソコンの必要性
BTOパソコンってどうなの?
激安パソコンとは
ハイスペックパソコンとは
お買い得なパソコンとは

激安パソコンとは

 激安パソコンには、それなりの理由があります。構成部品(CPU、メモリなど)に安いものを使っているものが「激安パソコン」です。安い部品とは、CPUでしたら性能の低い(クロック周波数の低い)、メモリでしたら容量の少ない(現在では、512MB以下)部品のことです。

 その他に付属品の多い・少ないというのも価格に大きく影響します。例えば、Microsoft Office付き・無しとかTVチューナー付き・無しなど価格に大きく違いがでます。

買って後悔しないために考えること!
 現在のパソコンはインターネットが出来るのは当たり前なので、それだけの用途にしか使わない方は激安パソコンで十分だと思います。しかし激安パソコンを購入してみたけど、やはりインターネットは無線で接続したいと思う方は初めから無線LAN付きにすればよいでしょうし、またオンラインゲームを楽しみたいと考えた方は、激安パソコンを買ってから付属部品を増設して性能をアップするより最初からもっと高性能のパソコンを買った方がトータル的にみたら安い場合があります。

使用目的・使用方法をあらかじめ決め手からパソコンを選びましょう!
ノートパソコンの選び方

参考(Q&A形式):

Q.スペック(性能)がほとんど同じように見えるけど何で値段が違うの?

A.ディスプレイの大きさ、メモリの容量、ハードディスクの容量が同じなのに値段が2〜3万違う場合があります。この場合は、CPUが違います。Windowsのパソコンに搭載されるCPUの製造会社には2社あります。以前、CMでよく見かけたintel社ともう一社がAMD社です。製造会社の違いでintel社製のパソコンが約1万円高くなっています。同じintel社製でも「Core 2 Duo」と「Celeron M」でも1万〜2万違います。

 ここまで、説明のために大雑把な分類をしたのですが、その同じ「Core 2 Duo」にもいくつも種類(クロック周波数の違い)があります。基本的に同じCPUならクロック周波数の高い程、値段は高くなります。(最新のCPUはかなり高くなるので大してクロック周波数が違わないのになんでこんなに価格が違うの?って場合もあります。)

以上をまとめると
 intel社製の「Core 2 Duo」が入っているパソコンが一番高く、AMD社製のCPUの入っているパソコンは安くなっています。しかし、現在大手メーカーパソコンはほとんどintel社製です。それもCore 2 Duoを使っている場合がほとんどです。

 激安パソコンとして紹介されているパソコンの中によくAMD社製のCPUを使用したパソコンがあります。またはintel社製だったとしてもCeleron Mを使用しています。それだから安いのです。安いのには理由がある。


Copyright ©2007-2008 どりたま All rights reserved.
ノートパソコンの選び方」はリンクフリーです。