パソコンの寿命
パソコンの消耗品、ハードディスクについて
TOP
ノートパソコンの選び方
パソコンの基本 パソコンの選び方 パソコン用語辞典 パソコンコラム サイト概要 サイトマップ
更新日:2008/2/17

パソコンコラム

NEXT

パソコンの寿命
パソコンの必要性
BTOパソコンってどうなの?
激安パソコンとは
ハイスペックパソコンとは
お買い得なパソコンとは

パソコンの寿命

 何年という数字は難しいのですが、毎日使用する人でも3年程度は問題ないでしょう。ハード面で一番壊れやすいのは何と言ってもハードディスクです。(ハードディスクは消耗品と考えましょう!)
 毎日バックアップを取り、消耗品のハードディスクを交換すれば、10年程度は使えます。(ただし、これはハード面の話で、ソフト面の話ではありません。)

ハードディスクの寿命から見て
 先ほどの3年と言う数字はハードディスクの壊れる目安です。(メーカーが出したものでなく、私の経験上の数字です。メーカーによって全く違うと思いますので数字はなかなか出せないと思います。今、メーカー3年間保証するところが増えています。無償だったり、有償だったりしますが、3年程度の耐久性があるということだと思います。

ソフトの寿命から見て
 しかし、現在の環境(インターネットが急速に進んでいる時代)では、10年使うことは、不可能だと思います。インターネットに接続せず、新しいソフト(例えば、ゲームソフト)を使わないという人なら10年は使えると思います。(消耗品さえ交換していれば、普通の家電と同じぐらいの寿命はあります。)
 Windows派の方であれば、パソコンの寿命は次のWindows(基本ソフト)が出るまでの期間でしょう。結局、パソコンの寿命はハードの寿命ではなく、基本ソフト(または応用ソフト)の寿命で決まる方が多いでしょう。


Copyright ©2007-2008 どりたま All rights reserved.
ノートパソコンの選び方」はリンクフリーです。