激安ノートパソコンの選び方
7万円台で買える激安ノートパソコンの選び方を解説!
TOP
ノートパソコンの選び方
パソコンの基本 パソコンの選び方 パソコン用語辞典 パソコンコラム サイト概要 サイトマップ
更新日:2008/5/21

パソコンの選び方

BACKNEXT

売れ筋ノートパソコン
ノートパソコンの選び方
7万円台の選び方
8万円台の選び方
9万円台の選び方
10万円台の選び方
11万円台の選び方
12万円台の選び方

7万円台の激安ノートパソコンの選び方

 この価格帯の激安ノートパソコンは、価格を抑えるために最低限の性能のノートパソコンになっていますが、インターネットの閲覧オフィスソフト(ワードやエクセル)を主に利用する人にとっては、特に問題はないでしょう。
7万円台の激安ノートパソコン特集
7万円台の激安ノートパソコンの選び方のポイントとして以下の4つの点で考えてみます。

選び方の4つのポイント

1.Windows Vista Home Premium搭載モデル(この場合、必然的にメモリは1GB)であるか?
2.DVDスーパーマルチドライブ搭載モデルであるか?
3.15.4型ワイド(1280×800)ディスプレイ搭載モデルであるか?
4.無線LAN内臓モデルであるか?
ダウングレード参考1)

 4点ともオプション金額にすると5,000円前後になります。7万円台で4点すべて備えているノートパソコンは少ないでしょう。お買い得かどうかを決めるのでしたら、上記のオプションが多いほど、お買い得となりますが、実際は自分が何が必要かで選んだ方がよいと思います。
7万円台の激安ノートパソコン特集

例)7万円台の激安ノートパソコン
OS : Windows Vista Home Basic
CPU : Celeron 540 (1.86GHz)
メモリ : 512MB
ハードディスク : 80GB
光学ドライブ : DVDスーパーマルチドライブ←「2」
ディスプレイ : 15.4型ワイド←「3」
その他 :無線LAN←「4」

 上記にあげた例の場合、「2」と「3」と「4」を備えたノートパソコンなので、お買得なパソコンと考えてよいと思います。→参考2)

参考1)
 下記に示したものは、上記4点のダウングレードになります。
1.Windows Vista Home Basic搭載モデル(メモリは通常512MB)
2.CD-RW/DVDコンボドライブ搭載モデル
3.14.1型ワイド(1280×800)ディスプレイ搭載モデル
4.有線LAN

参考2)
 上記の話は、わかり易くするためにCPUの話を無視して考えています。どのCPUを搭載するかで価格が大きく変わってきます。(価格はCPU次第という考え方もできます。)とにかく最新のCPUを使っているものが、高い。それだけで1〜2万円またはそれ以上と変わってきます。
 私の考えとしては、半年もすれば、すぐに古いCPUになるのだから、それほどCPUにはこだわらず、価格にこだわった方がいいと思います。
 結論、最新のCPUのノートパソコンは高いから、少し古い(当時は速かった)CPUを搭載したものを選ぶといいと思います。CPUを調べるのは、大変だと思うので、パソコンの価格を見れば、ほとんどわかります。なんでこのパソコンだけ価格が違うのだろうと良く見るとCPUの違いという具合にです。


Copyright ©2007-2008 どりたま All rights reserved.
ノートパソコンの選び方」はリンクフリーです。